商業デベロッパーの話とか

商業施設とかアパレルとか食物販とか

【デパ地下】もはや伝説の伊勢丹新宿店

f:id:pjmanagement:20171119122904j:plain

 

こんにちは、「濃いめのカルピス」を飲んだら想像以上に濃すぎて、

水道水を入れたところ、今度は薄すぎて飲めなくなった者です。

本日は伊勢丹新宿店のデパ地下について、まとめています。

 

 

■消費者の賛美

さすが、この百貨店は、他店と比べて、格が違うと思った。同じデパ地下なのに、駅前の他店とは、レイアウトや入っている店の格が違うのか、セレブ感が凄い。セレブはこの雰囲気で値段を気にせずに買い物しているのかな。

 

たまに行ってます。地下の食品売り場は、和菓子や洋菓子がたくさんあって見ていても飽きません。買ったときにもらえる紙袋は、おしゃれな感じがしていいと思います。新宿三丁目駅の改札を出るとすぐなのでアクセスが便利です。

 

友人の家を訪問するので、お土産を買うためによりました。
いろいろと美味しそうなものや変わったものがあって、見ているだけで楽しい場所です。そのなかで、今回はオリーブオイルを購入しました。
種類が沢山あり、味も様々、味見もできて、二種類のオリーブオイルを購入しました。ソムリエのような詳しい店員さんがいて、いろいろ説明していただきました。
また、野菜売り場で果物のように甘いトマトを勧められ、こちらも購入しました。
いろいろなものが揃うので、プレゼントなどを選ぶのによいお店です。

 
 
伊勢丹新宿店のデパ地下は贈答品を購入するもよし、自家消費用のお惣菜を買うのもよし、ちょっとしたギフトを買うのもよし。伊勢丹新宿店ならではの食料品が楽しめます。
 

■贅沢すぎる売り場構成

f:id:pjmanagement:20171119123651j:plain・テーマは「マーケットスタイル」「和のスタイル」「洋のスタイル」・出入り口が2か所あり、床面積が広いが、わかりやすくテーマを設けている・真ん中にお素材やお弁当を集積しつつ、その導線上で、ギフト購入を促している・売り場効率重視のためか、イートインスペースは非常に少ない・実演販売もちらほらあり・統一什器で伊勢丹らしい世界観を演出している・言わずもがな、和・洋・中、新旧の良さがミックスされたワクワク空間 
ここからは、個人的な見解で選んでいる自家消費用の厳選売り場をご紹介いたします。 


■イッツサンドイッチマジック(わがままバーガー)

全国的に有名なベーカリー「アンデルセン」が展開するサンドイッチの専門店で、素材の持ち味を最大限に生かすサンドイッチ用のパンを徹底的に追求し、具材にも並々ならぬこだわりを持っているそうで、多種多様な商品がラインナップしています。
一日に200本以上売れるという超ヒット商品で、見た目のかわいさからお子様にも大人気の「スタミナプチバーガー」。パーティや手土産にもぴったりなので、覚えておくとあらゆるシーンで大活躍しそうです。ほかにも「三元豚の厚切りカツサンド」や「マジックステッキサンド」などおいしそうなメニューが勢揃い!

 f:id:pjmanagement:20171119130901j:plain
 とにかく可愛い。そして美味しいの両軸を実現させてくれる素敵なお店です。ピクニックにもっていけば人気者になること間違いなし!!! 


■味の浜藤(そういうのアリなんだ)

白身魚のすり身とスーパースイートコーンを合わせて油で揚げた「もろこし揚げ」がランクイン。おやつ感覚で食べられるので小さなお子様に特に人気の商品だそうです。お酒のおつまみにもおすすめ。
 すり身30gに対してコーンが70gと、ゴロゴロ食感が楽しいやみつきになるひと品。通常のものよりも2倍以上糖度が高いと言われる「スーパーコーン」を使用しているそうで、自然な甘みが魚のすり身と絶妙にマッチしています。ケチャップをつけても美味!


f:id:pjmanagement:20171119131517j:plain 
おやつ感覚で食べられるところポイントですよね。トウモロコシ好きの私は毎回いった時に必ず購入しています。お酒にも合うので、good!!! 


■いもたまや(反則な組み合わせ)

 関西、関東圏の百貨店を中心に17店舗を展開している「サラダカフェ」が、2017年3月、伊勢丹新宿店のデパ地下に「いもたまや」をオープンしました。じゃがいもとたまごを​メインの​素材とする和のおかず専門店で、江戸時代に流行した「百珍料理」をヒントにしたメニューがメインだそうです。
「いももち」は、北海道産のじゃがいもをつぶし、半熟の煮卵を包んで蒸し上げたひと品です。モチモチの食感と弾力のある歯ごたえがクセになる味わいだそうで、老若男女問わず大人気商品とのこと。どこか懐かしさも感じる素朴な味わいのお惣菜です。

 f:id:pjmanagement:20171119131825j:plain 
 芋と卵というスペシャリティな組み合わせの美味しさは、ご賞味いただかなくともわかると思います。
 


 ■賛否両論 笠原商店(450円の巨匠)

日本料理の巨匠・笠原将弘氏が手掛ける人気和食店「賛否両論」。そのお総菜専門店が2017年3月に伊勢丹新宿店にオープンし、早くも話題のお店となっています。本格的な創作和食が気軽に味わえると評判で、伊勢丹新宿店限定のショップです。
栄えある第1位にランクインしたのは、ハンバーグの中にアボカドが入ったとっても斬新なメニューです。ジューシーな牛肉のうま味とクリーミーなアボカドが見事に融合した女子受け抜群のひと品。ソースには八丁味噌ブレンドしているそうです。

 f:id:pjmanagement:20171119132253j:plainこれも絶対にご賞味ください!1個あたり891円と割高ではありますが、かなりサイズが大きいので、2人で1個で十分だと思います。裏を返せば、440円ぐらいで巨匠の自信の逸品が食べられる!それが伊勢丹クオリティです。

 

とても幸せな調査でした。僕自身もまだまだ勉強中のため、もっと食べて、もっと通って、伊勢丹デパ地下の魅力を発信していきたいです^^